2009年10月31日

モチモチ!さつまいものニョッキ 〜きのこクリーム仕立て〜

バザーで"スイートポテト"を作るの!って母に話したら、父から大量のさつまいもが送られてきました。写真は一箱ですが・・・2箱も。スイートポテトいっぱい作るって言ってもそんなに使わないし・・・当分さつまいも料理が続きそう。。

鹿児島産のさつまいも

ハロウィンはかぼちゃのニョッキでも作ろうかな〜って思ってたけど、さつまいものニョッキに変更。手作りニョッキは意外と簡単。モチモチとしたさつまいものニョッキは絶品ですぴかぴか(新しい)

本日のさつまいものニョッキとニョッキソースには、"グリュイエールチーズ"が入っています。封をあけずに冷蔵庫で眠ってた"グリュイエールチーズ"の出番がやっときました。

グリュイエールチーズ

クセのある"グリュイエールチーズ"がアクセントになって、すごく美味しいソースが完成。卵黄が入ってるから気持ちカルボナーラ風かな?

モチモチ!さつまいものニョッキ〜きのこクリーム仕立て〜

さつまいもだけあって腹もち良すぎで・・・用意してたデザートが食べれなくなりましたふらふら

"グリュイエールチーズ"がない場合は、普通に"パルミジャーノ"を使って下さいね。

【材料(2人分)】
しめじ・・・1/2袋
舞茸・・・1/2袋
ハム(orベーコン)・・・4枚
ニンニク(みじん切り)・・・1片
バター・・・適量
オリーブオイル・・・適量
塩・こしょう・・・少々
粒黒こしょう・・・適量
ドライパセリ・・・適量
----------------
<さつまいものニョッキ>
さつまいも・・・1/2個(175g)
強力粉・・・50g
卵・・・1/2個
塩・こしょう・・・少々
グリュイエールチーズ(すりおろし)・・・大2
----------------
<ニョッキソース>
A)白ワイン・・・50cc
A)コンソメスープ・・・50cc
A)生クリーム・・・90cc
B)卵黄・・・2個分
B)グリュイエールチーズ(すりおろし)・・・大4

【作り方】
<さつまいものニョッキを作る!>
1. さつまいもは適当な大きさに切り、やわらかくなるまでゆがく(or電子レンジで加熱する)。
2. 1の皮をむき、ボールに入れマッシャーでつぶす。
3. 2に強力粉を加え切るようにして混ぜ合わせ、グリュイエールチーズと卵を加え、塩・こしょうをふり、よく混ぜ合わせる。
4. 分量外の打ち粉をし、3の生地を棒状にのばし約2cm幅に切り分ける。切り分けたものを丸めてフォークの背の部分を押し付け形をつくる。
----------------
<ニョッキソースを作る!>
1. しめじと舞茸は子房に分け、ハムは一口大に切る。
2. 熱したフライパンにバターとオリーブオイルを入れ、にんにくを加えて炒める。にんにくの香りがたってきたら、1を全て加えよく炒める。
3. 2に塩・こしょうをふり、<ニョッキソース>の(A)を加えよく混ぜる。
4. たっぷりのお湯に分量外の塩とオリーブオイルを入れ、<さつまいものニョッキ>を加えゆでる。ニョッキが浮き上がってきたら取り出し、3に加える。
5. よく混ぜ合わせた<ニョッキソース>の(B)を4に加え入れよく混ぜ合わせ、最後に黒粒こしょうをふりかけ一混ぜする。
6. 5を器に盛り、ドライパセリをふる。


  にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
↑現在2つのランキングに参加しています。お帰りの際に上のバナーをポチッとしてもらえれば嬉しいです。よろしくお願いします!!
posted by WEBCATPRO at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜系

2009年10月27日

お弁当に♪にんじんとインゲンの明太子和え

おつまみ系レシピの更新が多いなか、本日はとっても健康的な一品。簡単なのにとっても美味しい"にんじんとインゲンの明太子和え"。
見た目は平凡だけど、ついついバクバク食べちゃいます。人参2本なんてペロッとですね。
冷めてからの方が美味しいので、お弁当向きかな。

にんじんとインゲンの明太子和え

【材料(2人分)】
人参・・・2本(200g)
いんげん・・・80g
辛子明太子・・・45g
しょうゆ・・・大1/2
みりん・・・小1/2
お好みで、もみのり 適量

【作り方】
1. いんげんは筋をとり、軽くゆがいてから細切りにする。にんじんも、細切りにしておく。
2. 熱したフライパンに分量外のサラダ油を入れ、1のにんじんを加え炒める。にんじんが軽く炒まったらいんげんを加える。
3. 2に薄皮を除いてほぐした辛子明太子を入れ、しょうゆ、みりんを加え味を調える。
4. 3を器にもり、お好みでもみのりをふりかける。


  にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
↑現在2つのランキングに参加しています。お帰りの際に上のバナーをポチッとしてもらえれば嬉しいです。よろしくお願いします!!
posted by WEBCATPRO at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜系

2009年10月25日

ソースでいただくお好み餃子♪

冷凍庫の作り置き餃子でチャチャッと一品、"お好み餃子"です。

こんがり焼いた餃子を野菜炒めとマヨネーズをたっぷり和えたアボカドを添えて、ソースで食べるだけなんですけど・・・うんまーいですexclamation

ソースでいただくお好み餃子

餃子のタレをつけて食べるのが一番かも知れませんが、、、たまには違う食べ方もイイもんです。冷凍餃子がいっぱいある時は是非お試し下さい。

ソースでいただくお好み餃子

うー、ビール飲みたい。。

【材料(2人分)】
餃子・・・12個
青のり・・・適量
かつお節・・・適量
お好み焼きソース・・・適量
----------------
<トッピング(1)-野菜炒め>
キャベツ・・・適量
もやし・・・適量
えのき・・・適量
塩・こしょう・・・少々
しょうゆ・・・一滴
サラダ油・・・適量
----------------
<トッピング(2)-アボカド>
アボカド・・・1個
マヨネーズ・・・大1
レモン汁・・・小1
しょうゆ・・・一滴

【作り方】
1. <トッピング(1)-野菜炒め>のキャベツは一口大、えのきは石づきを切り落とす。サラダ油を熱したフライパンに、キャベツ、えのき、もやしを加え炒め、塩・こしょう、しょうゆで軽く味をつける。
2. <トッピング(2)-アボカド>のアボカドは縦半分に切り込みを入れ皮と種を除き、1.5cm幅に切り、マヨネーズ、レモン汁、しょうゆを混ぜあわせておく。
3. フライパンにサラダ油を熱し、餃子を並べて底に焼き色がつくまで焼き、その後熱湯を加え蒸し焼きにする。餃子に火が通ったら水気を完全に飛ばして餃子をカリッと焼き上げる。
4. お皿に、1の野菜炒めをしき、その上に3の餃子、2のアボカドをのせ、お好み焼きのソース、青のり、かつお節をかける。








  にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
↑現在2つのランキングに参加しています。お帰りの際に上のバナーをポチッとしてもらえれば嬉しいです。よろしくお願いします!!
posted by WEBCATPRO at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜系

2009年10月03日

ツナと空心菜のシャキシャキ炒め

本日の一品は"空心菜の炒めもの"。ツナの残りを一緒に炒めてみました。
"空心菜の炒めもの"ってシンプルな味付けなのに、とっても美味しいですよね。あのシャキシャキ感もたまらない。その上、栄養価も高いなんて、お利口な野菜だな〜ぴかぴか(新しい)

ツナと空心菜の炒めもの

レモンやライムを絞りたいところだけど、誰も手をつけないぐらいすっぱいミカンがあったので、ミカンを絞って頂きました。
いつもの事ながらペロッと食べちゃいました。2束作ればよかったかな。

ツナと空心菜の炒めもの


【材料(2人分)】
空心菜・・・1束
ツナ缶・・・1/2缶(40g)
しょうが(みじん切り)・・・1/2片
にんにく(薄切り)・・・1片
唐辛子(輪切り)・・・適量
アーモンド(刻み)・・・大2
サラダ油・・・大1.5
(お好みで、レモンorライム適量)
----------------
<調味料>
塩・こしょう・・・適量
ニョクマム・・・小1
しょうゆ・・・小1
砂糖・・・小1/2
酒・・・大1.5

【作り方】
1. 空心菜は茎と葉に分けて切り、それぞれ5〜7cmに切っておく。
2. フライパンを熱し、サラダ油、しょうが・にんにく・唐辛子を加えて炒める。にんにくの香りがたってきたら、1の空心菜の茎を入れ火が通ったら葉の部分を入れてさらに炒める。
3. 2によく混ぜた<調味料>を加えひと混ぜし、必要に応じて塩・こしょうで味を整え、油をきったツナとアーモンド大1を入れて軽く混ぜる。
※ツナを早い段階で入れると、調味料を吸いすぎてツナの味が濃くなるので最後に加えています。
4. 3をお皿に盛り、残りのアーモンド大1をふりかけ、お好みでレモンorライムをしぼっていただく。


  にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
↑現在2つのランキングに参加しています。お帰りの際に上のバナーをポチッとしてもらえれば嬉しいです。よろしくお願いします!!
posted by WEBCATPRO at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜系

2009年09月29日

きゅうりと大根の塩コンブ和え

美術館「えき」KYOTOの「ラウル・デュフィ展」へ行ってきました。

ラウル・デュフィ展

何とも言えない明るい色彩とリズム感ある軽快な線描は見ていて飽きる事がありません目
明るく洗練された風景画を描くラウル・デュフィの生涯は、なかなか画業が認められず、芸術性が認められた頃にはリューマチに苦しみと、あまり満ちたものではなかったそう。でも、どんな時も作風から明るさが消える事がなかったとか。何だか感慨深いものがありますね。


帰りに海鮮太巻きを買ってきたので、"きゅうりと大根の塩コンブ和え"だけ作ってちゃっちゃとご飯にしました。

きゅうりと大根の塩コンブ和え

【材料】
きゅうり・・・2本
大根・・・5cmの1/4
塩コンブ・・・大2
塩・・・適量
----------------
<調味料>
豆板醤・・・適量
しょうゆ・・・大1
ゴマ油・・・大1/2

【作り方】
1. きゅうりはヘタをとり約5cmに切り、包丁で軽く縦に切り込みを入れ2つに割り、さらに縦半分に割る。大根は0.5cm角の細切りにする。
2. 1に塩を適量ふり軽くもみ、約10分置く。
3. 2から出た水分を捨て、軽く塩をふり、<調味料>・塩コンブを入れよく混ぜる。
4. 3を漬物容器などに入れおもしをして30分ほど置く。
※大根からかなりの水分がでますので、豆板醤は気持ち多めに入れても大丈夫です。私は小さじ1/4弱入れて作りました。


  にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
↑現在2つのランキングに参加しています。お帰りの際に上のバナーをポチッとしてもらえれば嬉しいです。よろしくお願いします!!
posted by WEBCATPRO at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜系